Trans Sport Show 2011 - 23 -

trans sport show 2011_21
Trans Sport Show 2011

写真撮影をしている際にタイプである子に突然出合ったり、
絶好のシャッターチャンスに直面する場面があるのですが、
このような大事な時に限って、
ピンボケやとんでもない場所に焦点が合っていたりすることがあります。

このような写真をパソコンで見たときの情けなさたるや
言葉に出来ないほどのものがあります( _ _ )..........o

この前も可愛いモデルが私のカメラを見てきましたので
慌ててシャッターを切り、その写真を確認したところ、
モデル後方の髭面のおっさんにばっちしピントが合っていました...
もちろん肝心のモデルは、ピンボケです。

小学生のころ、少年野球でピッチャーをしていたのですが、
最終回2アウト満塁で最後のバッターをピッチャーゴロに打ち取ったにもかかわらず
ファーストへ悪送球をし、ランナーがホームに返り、負けたことがありました。
その頃から大事な時、ここ一番に弱いタイプであることの自覚はあったのですが、
今現在もその傾向に変化は無いようです。

写真の良さは、一瞬の出来事が鮮明に記録できるところにあると思うのですが、
上のような失敗がある反面、偶然に驚くような写真が撮れている時があります。
このような時は、意識せず無心でシャッターを切っている時ばかりです。
私は、まだまだ自らを瞬時にコントロールできないのですが、
写真を通じて常に冷静で的確な判断や行動ができるようになり、
仕事やプライベートに良い影響が出てくれればと写真を撮るようになっています。

中年になったにも関わらず、可愛い女の子でテンパッテしまう状況ですが、
今後も写真撮影という趣味と良い付き合いができればと思うばかりです^^


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ポチっとしていただけるとうれしいです^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント