海保、中国人64人全員を救助…

Manila international auto show 2012_6
Manila international auto show 2012

フィリピン関連ではありませんが、海上保安庁が中国人を救出した記事を
目にしましたので、ご紹介したいと思います。

----- 以下本文 -----

海保、中国人64人全員を救助…貨物船火災

読売新聞 10月21日(日)11時23分配信

20日午後8時35分頃、沖縄本島から南東約150キロの海上で、
中国人64人乗り組みの貨物船(1万2700トン)で火災が起きたと、
第11管区海上保安本部(那覇市)に連絡が入った。

海上保安庁の航空機が現場上空に到着。
21人は救命いかだで脱出していたが、43人は甲板に残っており、
海保巡視艇が救命いかだの21人、甲板の43人の順に救助し、
21日午前6時40分頃までに海保巡視船に移した。
火災で3人がやけどや打撲などの軽いけが。

貨物船の機関長は11管に対し、「船尾の機関室内から爆発音が聞こえ、
エンジンの一部が燃えていた」と話したという。

貨物船を所有する中国のオーナー会社の手配した船が現場海域に向かっており、
到着し次第、乗組員を引き渡す。
21日夕の時点で貨物船から煙が出ているが、大きな炎は見えないという。

----- ここまで -----

連絡から約10時間後に沖縄本島から約150キロの海上で
乗組員64人全員を救出ですか。。。救出までの速さにただただ驚きました。
これが逆の立場であれば、乗組員は助かったのかなぁ。。。
なんて思うのは、自分だけでしょうか。

今、いろいろと問題を抱えた両国ですが、尊い命が失われず良かったです。
このような素晴らしい出来事が中国に住む方々にも伝われば良いのですが、
時期が時期ですので、そうはいかないでしょうね。。。

それにしても、デモで甚大な被害を与えた日本に中国人が救出されるとは、
中国にとっては、何とも恥ずかしい出来事ですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ポチッとしていただきますと励みになります^^


スポンサーサイト