スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンで写真を撮るということ

Trans sport show 2012_4
Trans sport show 2012

以前にこのブログで書いたことがありますが、
写真撮影は、自己満足以外の何者でもないと思います。
その自己満足を満たしてくれる環境がここフィリピンにはあります。

前回や上の写真のような綺麗なイベントモデルに至っても
声を掛ければ、その殆どが快く撮影に応じてくれます。
中には、表情やポーズまで決めてくれる好意的なモデルも少なくありません。

過去にインテックス大阪で開催されたイベントで写真を撮ったことがありますが、
「誰かがローアングルで写真を撮ったら、もう(ステージに)出てきません!」
このように叫んでいたイベントモデルがいました。
マナーを欠いた行為があったことが原因だと思いますが、
撮影時、敵対的に見られることが日本では少なくないようです。

ここフィリピンで嫌悪感を露にされることは、殆どありませんが、
隠し撮りなどのマナーを欠いた撮影は、当然許されることではありません。
一声掛ければ素晴らしい笑顔を見せてくれるのがフィリピン人です。
皆さんもマナーを守って、フィリピンでの写真撮影を楽しんでみてください。
きっといつもと違ったフィリピンの一面をご覧いただけると思います!

あと、余談になりますが、マカティとマラテに多くのKTVを有するグループで
撮影が禁止されている店舗があります。
理由は、ここでは書きませんが、KTVで女の子を撮影される場合でも
ママさんや女の子に事前に確認されることをお勧めいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
ポチっとしていただけると励みになります^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。